守山市教育委員会事務局 文化財保護課

守山市吉身二丁目5-22
077-582-1156

HOME >  下之郷遺跡 > 下之郷史跡公園活動報告 3月・4月

下之郷遺跡

下之郷史跡公園活動報告 3月・4月

2017年5月10日

今年も寒い冬が明けだんだんと温かくなりつつある今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
更新が遅く5月に入ってしまい申し訳ございません。すでに気温もぐんぐん上がっていますが、下之郷史跡公園3月、4月の活動報告をいたします!!

 田原本町 唐古・鍵遺跡との交流会 3月14日(火)

下之郷遺跡と同じく、国史跡とされている奈良県田原本町の唐古・鍵遺跡の活用団体との交流会が開かれました。
唐古・鍵遺跡は弥生時代前期の遺跡で集落を大きな環濠で囲っている環濠集落です。以前より下之郷史跡公園とは交流がもたれており、昨年10月には唐古・鍵遺跡で活動されている活用団体の皆様を下之郷史跡公園に招いて交流会を行っていました。
今回は下之郷史跡公園から、活用団体である「稲と雑穀の会」、「弥生織りの会」、「下之郷じいちゃんズ」が交流のため田原本町を訪れました。
田原本町に到着後、まず現在整備が進んでいる唐古・鍵遺跡の史跡公園を担当者に案内してもらい見学をしました。
その後市内の唐古・鍵考古ミュージアムへ移動し出土品などを見学後、現地の活用団体の方々と交流会を行い、史跡活用の在り方や行っている事業等を発表し活発な議論も行われました。

今回市街の団体と交流をし、参加者の皆さんもよい刺激を受け今後さらに活発な活動を目指していきます。

 河西小学校6年生歴史体験学習  4月27日(木)28日(金)

河西小学校6年生の皆さんが、体験学習のため下之郷史跡公園を訪れました。(両日では165名の生徒さんと5名の先生が参加。)弥生時代の人々の生活を体験する学習です。
守山市文化財保護課の担当者より、下之郷史跡から出土した米や土器などの説明。弥生織りの会はミサンガ作りと遺跡から出た機織り道具の説明。稲と雑穀の会はテント内で火おこし体験と3種類の体験学習を行ないました。最後は、弥生式土器で炊いた赤米のお粥を試食。体験を通して、古代の人の知恵、火をおこす作業の大変さや生活にふれる貴重な学習となりました。

以上3月、4月の活動報告でした!!
もし少しでも興味の持たれた行事、取組み等ございましたら下之郷史跡公園までお問い合わせください。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
下之郷史跡公園
住所 守山市下之郷一丁目12番8号
電話 (077)-514-2511



PAGE TOP