守山市教育委員会事務局 文化財保護課

守山市吉身二丁目5-22
077-582-1156

HOME >  下之郷遺跡 > 下之郷史跡公園6月 活動報告

下之郷遺跡

下之郷史跡公園6月 活動報告

2018年7月26日

7月に入りぐんぐん気温が上昇して暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

下之郷史跡公園では6月より毎年好評の弥生人養成講座等の行事が開始され、たくさんの方に参加いただきました。
今回はその様子をお届けいたします。

弥生人養成講座「弥生の米づくり」 第1回目 6月2日(土)

初夏の陽射しが眩しく、青空が広がる中、第1回【弥生の米づくり】講座が開催され、今回は親子で合計53名もの方に参加いただきました。
第1回目は【田植え】古代の穴あけ法で「赤米」(ラオス・種子島・対馬)を植える作業を行いました。
弥生時代の米づくり・下之郷史跡について学習をしたのち、参加者で今後活動の時に着用する貫頭衣を作成し、気分はすっかり弥生人!
その後、公園内の3つの田んぼに分かれて稲を植えました。泥に足をとられたりしながらも親子で協力して田植えをすることができました。
次回は、鳥形と石包丁づくりを予定しています。

 

下之郷史跡公園キッズクラブGokids 第1回目 6月16日(土)

今回で4年目を迎えた下之郷遺跡キッズクラブは、下之郷遺跡や弥生時代の【食】について学び、地域の人たちに発信する活動を行っています。
年間(発表含む)約9回開催され、今日はその第1回目となります。
テーマは【火お越し体験と赤米かゆを作る】で、講師の中村先生から弥生土器や赤米の説明を受け、その後、火おこし体験を行いました。
なかなか火が付かず、汗をかきながらの火おこしとなりましたが最後はみんながおこした【火】で古代米(赤米)の粥をつくり試食しました。
弥生人に思いをはせる貴重な体験となりました。次回は滋賀県の伝統的な【食】フナズシ作りを体験します。

 

弥生人養成講座「土器づくり」 第1回目 6月17日(日)

弥生人養成の新しい講座となる【弥生の土器づくり】が本日開催されました。本講座は全4回で、土器づくりの専門家から土づくり・成形・施文・野焼きの話を聞きながら弥生土器復元に挑戦する講座です。
第1回目のテーマは【粘土を見る】で土の話と採掘現場の見学を行いました。
受講生20名が、史跡公園内の多目的室で、【粘土について】信楽窯業技術試験場の川澄さん、陶芸家の宮本ルリ子さんから講義を受けました。その後、滋賀県篠原にある採掘現場を見学、信楽焼にも使われている【篠原土】に触れ、土の層の様子等を学習しました。
参加者達は実際に手で土の層に触れ粘土や土の質の違いを実感し、次回からの土器つくりにより一層の興味と意欲を持つことが出来ました。
次回は土づくりと成形の講座です。

 

弥生人養成講座「弥生織り」 第1回目 6月23日(土)

弥生人養成講座「弥生織り」の第1回目は史跡公園内などで収穫した「カラムシ」をお苧き(おひき)して、繊維を取る体験を行いました。
まず福井大学講師、東村さんから弥生・古墳時代の機織りの構造・世界の機織りの分布について講義が行われました。
その後、参加者全員で、当日の朝に収穫した、≪カラムシ≫を水につけ、指を使って繊維を取りました。
梅雨の雨の中、一本一本繊維を取る作業に古代の人々の知恵と苦労を感じる体験となりました。
取った繊維は、竹で作った芋引きの道具でさらに細かく繊維を取りました。
次回は糸作りを行う予定です。

以上6月の活動報告でした!!
もし少しでも興味の持たれた行事等ございましたら下之郷史跡公園までお問い合わせください。
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
下之郷史跡公園
住所 守山市下之郷一丁目12番8号
電話 (077)-514-2511



PAGE TOP